メロディックマイナーの5つのポジション

要望の多かったメロディックマイナースケールの5つのポジションの動画をUPしました。ジャズ、特にコンテンポラリーなものをやろうと思うと、このメロディックマイナーの転回型はやはり必須となるでしょう。ですが、とても難しいです。うちの生徒さんでも苦戦している方が多いです。ともかく、まずはこのスケールから生まれる転回型を見てみましょう。順番に、

1)Melodic Minor
2)Dorian b2
3)Lydian #5(Lydian Augmented)
4)Lydian b7(Lydian Dominant)
5)Mixo-Lydian b6
6)Locrian nat2
7)Super Locrian(Alterd)

となります。これをいつものように<CAGED>のポジションで覚えていく、、、のですが、そこで悩ましい問題が、そもそもメロディックマイナーを
「マイナーからの変化型で捉えるのか、メジャーからの変化で捉えるのか」
という問題。「メロディックマイナー」と言うくらいですから、マイナーでしょう、ということなのですが、実はメロディックマイナーとナチュラルマイナーの変更音は「2音」。対して、メジャースケールと比較すると「1音」。メジャースケールの方が共通音が多い、ということなのです。だから、<CAGED>の対応ポジションもいずれか、2通り考えられますし、また、転回型を覚えるにしても、常に混乱が付きまといます。例えば、Aナチュラルマイナースケールを4度から転回すると、D Dorianですが、Aメロディックマイナーの4度からの転回型はD Lydianb7になってしまいます。つまり基本的に、メロディックマイナーの転回型の名称はメジャースケールの転回型とリンクしています。2番目はドリアン→ドリアンb2、5番目はミクソリディアン→ミクソリティアンb6、といった具合にです。
ですが、また6番目になるとエオリアンではなく、「ロクリアン nat2」と呼ばれたりします。なんともややこしい話です。笑。(ですから、稀にこの6番目のスケールはAeorian b5と表記しているジャズ教本もあります。)ギターで弾くのも難しいし、スケール名も難しい。ですが覚えるとよりコンテンポラリーなフレージングやコードが弾けるようになることも確かです。また、これらから生まれるコードも複雑で難しいものばかりです。またレッスンで、また動画で、おいおい解説していきたいと思っています。まずはこの5つのポジションを、ゆっくりなテンポで構いませんから、弾いて少しづつ慣れていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる