石川智さんのブラジルリズム・ワークショップに参加

ブラジリアンワークショップ

 今日は靭公園近くのChove Chuvaさんに、ブラジリアンリズムの第一人者、石川智(per)さんのブラジリアンワークショップを受講しに行ってきました。石川さんはミウシャやドリ・カイミから小野リサ、葉加瀬太郎など、様々なアーティストと共演するパーカッションの第一人者。ワークショップに参加なんて、ものすごく久し振り。そもそもパーカッショニストじゃなくてギタリストなのに、受講してもいいのかな?とちょっと心配しながら向かいました。ジャズやブルース、ロックは長年演奏してるし僕の専門分野なのだけど、ブラジリアンはまた少し特別で。もちろん近年ライブでBossaやサンバを演奏することが多いし、だいぶいろんなことが分かってきたとはいえ、まだまだあやふやな知識もある。特にBossa Novaはレッスンでみんなに教えたりもするから、いつまでも「専門外だから」と言っていてもダメだなと思い、近年、僕もしっかり勉強しようと思っていて。

石川智ワークショップのフライヤー


 たっぷり2時間以上のワークショップは内容濃く、素晴らしかった。特に「リオではこうだけど、バイーアではこれこれで」とブラジルのさらに地域によってのグルーヴの違いなど、僕には微細な違いすぎて全然分からなかったけど、でも物凄く刺激的で興味深い内容でした。終了後には石川さんと直接お話しできて、ジャズとブラジリアンのグルーヴの違いとか様々な話も聞けて良かった。目から鱗の連続。勉強になりました。石川さんありが とうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる