グレッチェン・パーラト・カルテット、at ビルボード大阪

グレッチェンパーラトビルボード大阪

先日、グレッチェン・パーラトのライブを見にビルボード大阪へ行ってきました。コンテンポラリー・ジャズヴォーカルで最も人気のある一人でもある彼女のライブ、まさに期待通りでした。

今回の来日メンバーはグレッチェン・パーラト (ボーカル)、デヴィッド・クック (ピアノ)、アラン・ハンプトン (ベース)、マーク・ジュリアナ (ドラム)の四人。予想通り新作「Flor」からの選曲が中心で、各メンバーの個性が光る圧巻の演奏が続きました。

目次

現代ジャズの最高峰のドラミング、マーク・ジュリアナ

デヴィッド・クック(同名のシンガーがいますが、もちろん別の人です)のピアノは、超絶技巧ではないものの、バランスの取れた堅実なプレイ。特筆すべきはベースのアラン・ハンプトン。彼には驚かされました。ベースももちろん素晴らしかったですが、ギターも弾く(これも上手い)。そして数曲歌ったのですが、これも良かった。後から知ったのですが、彼はベーシストというよりシンガーソングライター&マルチミュージシャンの側面が強い人らしく、エスペランサ・スポルディングのアルバムなどにも参加している気鋭のアーティストでした。ちょっと彼の作品を聞いてみよう。気になるアーティストです。あと、もちろん演奏面で最大の見どころはマーク・ジュリアナのドラム。鬼神のようなプレイ。あれだけ音数が多いにもかかわらず少しも煩くない。全てに必然性があることをやってるからでしょうね。現代のジャズにおける最先端、最高峰のドラミング。まさに圧巻のパフォーマンス。

客層にはやはり同業者が多く来ていて、お客の半分くらいミュージシャンだったような気がします。アーティストに支持されるグレッチェンならではですが、同時にもっと一般のリスナーにも知られていいのにと、そこは少し残念に思います。写真は会場で出会ったギタリストのIさんとヴォーカリストのHさん^^

グレッチェンパーラトライブ

とにかく、今まで見たライブの中でも5本の指に入る素晴らしいライブでした。いい刺激をもらいました!

目次