残念・・ハードロックカフェ大阪店、閉店

ハードロックカフェ大阪閉店
目次

閉店したハードロックカフェさんで実は、、

ハードロックカフェ(HRC)大阪店、1/31で閉店のこと。まだオフレコだったのですが、もうこうなってしまったので書きますが、実は密かにHRCさんで、レギュラーライブの企画が進行していたんです。そのプロデュースを僕がやらせてもらうことになっていて、何度も打ち合わせをしてた。ところが・・・
今回のコロナ禍で企画は中止、そして閉店へ。
残念。。
ちなみにHRC、福岡店も昨年5月に閉店したそう。
ブルーノート名古屋も昨年8月に閉店。
新宿のJ、六本木のサテンドール、大阪もクロスロード、COMODO、福耳、SAHARA、etc
おそらく僕が知らない店も含め、このコロナ禍でかなりのお店が閉店してしまいました。本当に残念でならない。
このハードロックカフェさんでのライブ企画は、半年ほど前からゆっくりと進んでいて。今のライブシーンの問題は、ジャズのファンはジャズのハコにしか、ロックのファンはロックのハコにしか行かないこと。それで、ジャズとロック、どちらのライブシーンも閉塞してしまった。だから、こういったロック系のハコでジャズも演奏することで少しでもロックージャズの接点を作れるのではないか、ジャンルをシャッフルできるのではないか、とあれこれ自分の中で考えていたのですが。
ジャズミュージシャンも、Feel Like〜などのR&Bや、ディランやビートルズのナンバーもスタンダードとして演奏する。ロックミュージシャンだって、レイ・ヴォーンがケニー・バレルの”Chitlins Con Carne”をやったり、近年クラプトンなんかも枯葉やOver the Rainbowなどのスタンダードをやっていたりする。ロックギターをやっている人も、ジャズに興味がある、って人は、実は潜在的にかなり多い。そこら辺の接点を上手く使って、ロックとジャズにまたがって、広がりのあるイベントができないかな、と、実は自分の中でかなりやる気満々だった企画だったのです。それによって、ジャンルをシャッフルすることができないか、と。
だから、本当に残念。ちょっと落ち込んでます。そういったことを置いても、単純に僕らの世代にとってHRCって、思い入れのある店だったし。途中からは各地に店舗ができたけど、当初は80年代に日本に初上陸してから、長らく東京店しかなかった。だから、田舎に住む高校生にとっては、ほんとに憧れのお店で。
またいつの日か、HRC大阪店、復活を願って。。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる