Doxy、スタジオに入ってから作った?

目次

ソニーロリンズ作の、ジャズセッション定番曲

Doxyをアップしました。この曲はマイルス・デイヴィスのアルバム『Bags’ Groove(1957)』に収録されていますが、元々は1954年に録音されたもの。この時のセッションは、まだ若かったソニー・ロリンズとマイルスが共演した歴史的なもので、そこで録音されたのが「Oleo」、「Airgin」、そしてこの「Doxy」です。ロリンズの代表作が3曲も、一気にこのセッションで生まれた訳です。

興味深い逸話として、レコーディング時にこれらの曲はまだ完成していなくて、スタジオに入ってからマイルスが「曲は?」と聞くと、ソニー・ロリンズが「まだ出来てないよ、ちょっと待ってて」と紙切れに書き殴った、みたいなことがマイルスの自伝に書かれています。Airginは複雑ですから、事前にアウトラインくらいは出来ていたような気がしまが 、このDoxyなんかはシンプルな曲だし、その場で即興的に作った、というのは十分にありえる話です。

さて。この「Doxy」のメロディって、Real Bookやジェイミー、黒本を見てもほぼ同じなので、長い間、それが正解と思い込んでいたのですが、先日久しぶりに『Bags’ Groove』の「Doxy」を聴いたところ、あれ、なんか違うなぁ、と思って調べてみると、実は細かい部分が違っていました。

もちろん楽譜に記譜する際には、正誤だけでなく「どこまで正確に記譜するか」という点で広大なグレーゾーンがあります。あまりに正確に記譜しすぎると、楽譜が細かい音符でいっぱいになり、読みづらくなる場合だってあります。その場合、その楽譜は決して良い楽譜とは言えないでしょう。装飾音符を省略したり、細かなパッセージを簡略化し視認性を高めることは必ずしも「間違い」とは言えません。

とはいえ、せっかく気づいたので、楽譜に()で記してみました。動画で弾いているのはリアルブックや黒本通りのメロディですが、1小節目、4拍裏のG音は、どうもEbのようです。2小節目の1拍目裏は、Eのようです。でも更に言えば、1回目と2回目(5小節目)も違うし、3回目(13小節目)は2回ともE音のようです。笑。つまり、けっこう適当に気分で吹き替えていたような気がします(でもジャズではよくあることです。笑)

そんな訳で、最初に例の逸話(スタジオで、紙に書き殴った云々)を書いた訳です。当時(50年代)のレコーディングは今と比べて遥かに牧歌的で、ほんとにスタジオに入って、「曲は?」「ちょっと待ってて、今から書くからさ」みたいな感じだった、というのがよく分かると思います。よかったら練習してみてください。サイズも16小節と短くテンポもゆっくりなので、初心者にもアドリブしやすい、セッションでも頻繁に演奏される楽しい曲です^^

目次