ラジオ、今月はミルトンナシメントの「Miltons」

ジャズラジオでミルトンナシメントのミルトン

今年80歳を迎えるミルトン・ナシメントが引退、とのニュース。もっとも作曲など音楽活動はこれからも続けるとのことで、まだまだこれからも頑張って欲しいところですが、残念ながら僕はナシメントを生で見ることができませんでした(涙)。2007年来日時も東京公演だけで、大阪には来なかったんじゃないでしょうか。今行われているラスト・ワールドツアーではそもそも日本に来ないそうなので、もう、残念で仕方ありません。ということで、今月は彼の1989年のアルバム「Miltons」より。過去に既に「Courage」「Minas」など代表作はかけていたので、今回はこのアルバムをかけました。このアルバムも中期の名作だと思います。バンド編成も一部ありますが、主にハービー・ハンコック(pf)とナナ・ヴァスコンセロス(per)とナシメントの歌とギターだけで作られている落ち着いた雰囲気のアルバム。ウェイン・ショーターやジョージ・デュークなどジャズ畑のアーティストと交流の多い彼ですが、中でもハービー・ハンコックとの繋がりが一番深く、新婚旅行でリオを訪れたハービーのホテルにまだ無名の頃のナシメントがギターを抱えて会いに行き、その歌を聞いたハービーが一発で惚れ込みあの「Courage」のレコーディングに至った、というエピソードは有名ですよね。
繰り返しますが彼のライブを一度も生で見れなかったのは本当に残念。ジャズとブラジリアンを繋ぐ重要なアーティスト、ミルトン・ナシメント。ぜひ一度聞いてみてください^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる