マルコス・ヴァーリの「Previsao do tempo」

ラジオでマルコスヴァーリ

昨日はならどっとFMさんの日で奈良へ。Marcos Valleの「Previsao do tempo」(1973)かけました。これは僕がブラジルものにハマったきっかけの一枚です。20年ほど前、当時の生徒で今はGマガジンの編集長やってる河原くんに(当時から彼はマニアックな音楽に詳しかった)「先生、このアルバムって知ってます?」と勧められて。当時はブラジルものなんて、ジョビンとかジョビン、せいぜいジョイスくらいしか知らなくて。マルコス・ヴァーリのことはかろうじて知っていたけれど、サマー・サンバのイメージしかなかった。そもそも、MPBってジャンルを知らなかったんですね。だから、最初にこのアルバムに出会えたのはラッキーでした。もう、この番組でもかけた曲、Flamengo até Morrerにノックアウトされて。おしょー(当時の河原くんのあだ名)に感謝。

さて、今日2/6(木)は本町の燈門さんにて新田千穂美(vo)さんとDuo、20時より。ブラジリアンジャズやります。お時間ある方は是非お越しください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる