Profile

nea / Jazz Guitarist , Composer

nea写真

nea (Shin Ehara)
ギタリスト、作曲家。初期ブルース研究の評論で第36回暁烏敏賞を受賞。

3歳よりクラシックピアノ、15歳よりロックギターを中野重夫氏に、後にジャズギターを布川俊樹氏に師事。
19歳で上京後、R&Rバンド「ルシール」にてデビュー。その後バックバンド/セッションギタリストとして、また作/編曲家として数々のCM、ゲーム音楽も手がける。代表作に「飛龍の拳」(任天堂)「X55」(タイトーCM)その他。
30代よりジャズに転向し、渋谷毅、石井彰、布川俊樹、坂田稔、Hi Tide Harris、畑ひろし、納浩一、Joshua Breakstone、はじめ数々のトッププロと共演。また並行して、専門学校や音楽スクールの講師として後進を指導。
2007年より活動拠点を大阪に移し「nea Guitar School」を主宰。
2015〜19年までトム・ベイカー&加茂紀子の日本ツアーのサポート。
2017年には柴田コウメイ(Pf)とのDuoアルバム「the language of jazz」リリース。
2020年、評論「19世紀末ブルース音楽の発祥とその意義について」で第36回暁烏敏賞(思想・哲学部門)を受賞。
現在は自身のライブ活動のほか、ラジオ番組(ならどっとFM「Shape Of Jazz」/第1水曜日16:30~)のパーソナリティ等の活動も。1970年生れ、三重県出身、O型。

Latest Album

” the language of jazz”nea (Gt) & 柴田コウメイ (Pf)

2017/12/31 リリース 発売元 Spoonful Music
SPF-004 定価2500円(税込)  
Amazon タワーレコードオンライン

「音による対話が無限のイメージを紡ぐ至高のデュオ・アルバム」
(「ジャズ・ジャパン」誌2018年2月号)
「伝統ジャズからコンテンポラリーまでアプローチは多彩だが、どの演奏にも真摯さが徹底しているので表現が上滑りにならない。静かな、しかし深い感銘をもたらす好盤」 (藤本史昭/音楽評論家)
「端正な構築美と、ライブのスリリングさが同居した珠玉のデュオ作品。澄んだピアノに柔らかくも熱いギターが混じり合う瞬間は、もう絶品!」
(河原賢一郎/リットーミュージック/ギター・マガジン編集部)

キャプション

Shape of Jazz

ラジオのアイコン

2014年より放送中のジャズ番組。もちいどのセンター街サテライトスタジオから生放送です。
毎月第一水曜日、16:30よりOn Air